スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

ヤサシイワタシ

ヤサシイワタシ1 ヤサシイワタシ2


この漫画は、研究室の方に奨められて(?)読んでみた。

正直、酷いストーリーだと思った。駄作という意味ではない。むしろ名作。

全二巻で、普通に連載という形態をとっていたとは思えないほど、全体を通して話の骨子の完成度が高い。
登場人物の役割分担も、申し分ないほどきっちり描かれている。

この漫画を読み終わって、amazonやらmixiやらのレビューをいくつも読んだ。
読み手が感じる部分は、大まかに一致している。

ヒロインについてだ。

物語の冒頭では、写真部に所属している大学生の男女がある時急接近し、何となく付き合い始めて行く。
しかし、話が進むにつれて、彼女の一面が明かされて行く。
・今の彼氏に向かって昔の彼氏との楽しかった思い出(セックスの話も含む)を平気でする。
・自分の意見が正しいと思い込み、周りがどういうリアクションをしようがその意見を曲げない。
・常に誰かに褒められたくて、そのために何かを成し遂げようとする。
・自分が痛い人間だと自覚しながら、それをどうすることもできず、さらに自分も他人も傷ついていく。

そして、主人公と口論になって、最終的に出た言葉は、

「もう二度と話しかけないで」



主人公も青臭く、うぶではあるが、まっすぐな好青年で、なまじヒロインの痛みが解るから、その気持ちをぶつける。
しかし、最終的に待っているのは悲劇だった。

このストーリーや、登場人物にリアリティがあるかどうかは人によって感じ方が様々あると思うが、物語の序盤の、ヒロインが主人公の膝に座って仲良くしている、そんなシーンを見て、そしてこの結末が待っているのはリアル以外の何ものでもないのは無いか、と思う。

正直な話、高校時代に読んだ太宰の「人間失格」よりよっぽど衝撃を受けた。
そして、この話は、今は二度と読みたくないと思うし、もう忘れたいとも思う。
今の自分には、まだこの漫画を受け入れられる状態ではないのであろう。
ただ、いつか、自分自身が受け入れられる日も来る、とも思う。三年くらい経てば。
そのとき、改めてもう一度読みたい作品である。


少し視点を変えよう。

青臭い登場人物たちが青臭い恋愛模様や、人生に悩むさまを描いた漫画はいろいろあれど、(その代表格としては「ハチクロ」)この漫画のかなり特異な点としては、ユーモアやエンターテインメントをカケラも意識されない構成になっている点だ。
「ハチクロ」などとは決定的に違い、受け狙い的な要素が一切排除されている。
漫画の読み手というのは、リアリティをあまり追求しない傾向にあると思うので、やたらと重い内容を好まないと思う。これが仮に小説だったら、もっと正当な評価も得られたのではないかと思う。
そしてこの漫画のヒロインは、救われることの無い歪みを持っているが、(これもリアリティ十分)しかし、その歪みの原因が理解できうる範囲で描かれてしまっているのが少々リアリティとしては欠けているかもしれない。
少なくとも登場人物たちが彼女の歪みを理解できなくても良かったのではないかな、とも思ったりした。

スポンサーサイト
  1. 2006/07/19(水) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

B型H系

この写真は伊藤園「おーいお茶」のおまけについていたリラックマ貯金箱です。一週間くらい前に購入したお茶についてきました。高さは10センチくらい。彼が座っているのはただの絶縁テープです。


最近何故か「B型H系」という漫画にハマってしまっています。
下ネタ系なので好き嫌いには個人差があるかもしれません。
笑えるし、何気にヒロインが純情なところがいいですね。微笑ましいです。
そういえばヒロインだけ下の名前が一切出てこないんですよね。

あと、タイトルがほとんど(と言うか全部かも、自分が知らないだけで)曲のタイトルになっています。一部を挙げてみると、
・それが大事
・あー夏休み
・ジェットコースター・ロマンス
・なんてったってアイドル
・ちょこっとLOVE
・すれ違いの純情
・タッチ
・あずさ2号
・マシンガンをぶっ放せ
・違う、そうじゃない
・今すぐKISS ME
・うれしい!たのしい!大好き!

とか。年代もバラバラですね。

  1. 2006/04/24(月) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(2)|

41巻

「ONE PIECE」の新刊を買って読んで泣いてしまいました。いい年こいた男が何してんだか。。。でもそんだけ感動的だったんだよ。やられた。。。


あまりにも感動したので、今日はこの「ONE PIECE」について熱く長々と語ってみようと思います。


それにしてもこの漫画、僕が中学生のころに連載が始まったんですよね。初めは良くジャンプにありがちなただの冒険戦闘漫画だと思っていました。でも実は、登場人物一人一人の設定を見ても結構バリエーションに富んでいるし、「悪魔の実」の種類の多さ、分類も面白みを深めているんですよね。
でも、最近のコミックでは、どうも戦闘もルフィたちの強さをただ誇示しているだけという印象で、読んでて面白く無い。

とか思ってました。甘かったです。

違うんだよ、この漫画の本質はそこじゃないんですよ。多分。

ナミの話にしろ、チョッパーの話にしろ、ビビの話にしろ、(←全部泣いた)マジで感動できる、っていうか、パターンは同じといえば同じなんだけど、そこには普遍的な感動できる要素が含まれているのです。そして今回の話も同様です。泣き過ぎて続きが読めなくなる、というのはスゴいことです。人前で読めませんよ。


まぁ、何が言いたいかって言うと、この漫画、面白いよ、ってことよ。こんだけ人気出てるんだからそりゃそうだろうって感じだけどね。読んで無い人は是非ご一読をオススメします。完結して無いのがネックだけど。


っていうか僕は、結構涙もろいんです。BUMP OF CHICKENに「K」という曲があるんですが、初めて聴いたとき泣いてしまったんですよ、実は。そのときから、結構このアーティストの方向性とこの漫画の底に流れているものに共通したものがあると勝手に感じていたのですが、バンプが映画版「ONE PIECE」の主題歌を作った時は、内心ニヤリとしていました。そして、その曲「sailing day」も、とてもこの漫画の雰囲気に合っていると思ったもんです。この曲の歌詞に、

「たった一秒 生きるために いつだって命懸け 当たり前だ」

という部分があるんですが、その「当たり前だ」という部分が特にいいです。漫画ではここで泣くんだよ。

  1. 2006/04/04(火) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

ONE PIECE 巻40

ワンピースもついに40巻まで登場した。この漫画が連載されたのは僕が中学生の頃だったであろうか。長いものだ。

さて、CP9やエニエス・ロビーの軍団との決戦も佳境に入ってきて、そのネタの尽きることの無さにも大変驚くところであるが、何よりこのストーリー構築に舌を巻く。しかし、それだけ壮大なストーリーということは、1冊読んだところでなかなかストーリーが進行しないという弊害を持ち合わせているというところが難点だ。
やはりしばらく我慢して、話が一段落してから一気にコミックを読んでいきたいような気もする。続きが気になって仕方がなくなってしまうからだ。次の巻も楽しみである。

  1. 2006/01/02(月) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

やっと読めました。

久米田康治の「さよなら絶望先生」の1巻を買い、読みました。期待通りの面白さです。改蔵よりはマニアックなネタが減った気もします。設定は「ネギま」のパクリでしょうか。
これって人によって笑う所が違う気がしますね。っていうかなんでこの人はサンデーからマガジンに移ったのだろう…?

  1. 2005/11/02(水) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

働きマン!!

研究室でお勉強していて疲れたので、休憩がてら買って来て読みました。そしてそれがもはや休憩でなくなったのは言うまでもありません。研究室でマンガに没頭していてすみません。カバーかけて読んでいたのに隣に座っているモーニング読者の助手の方に何を読んでいるかを一発で言い当てられました。。。
働きマン1働きマン2

仕事とは何か、何のためにするか、どういう気持ちでやって行けばいいか…など、いろいろ考えさせられます。
僕はまだ学生なので、働くのはこれからですが、登場人物たちのように仕事に対してきちんとしたスタンスを持てるか、とか不安にもなります。目的意識を持ってしっかり出来るか・・・みたいな。生きがいを感じれる仕事がしたいです。


連作短編のような形式になっていますが、どの話もとても面白いです。特に本を売る話に思わずジーンと来てしまいました。

  1. 2005/10/13(木) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(1)|
  4. comments(2)|

猛烈にハマってしまっています。

昨日は眠かったにもかかわらず、1時までは寝れませんでした。もちろん理由はアニメを見るためです。

ハチクロを4巻まで読んだのですが、一回では読み足りないですね。
印象に残ったシーンが多すぎて、繰り返し同じところを読んでしまいます。
そのたびに胸を締め付けられます。
一年前にも読んでいたのですが、こんなにはハマらなかったのになぁ・・・。なぜだろう。

今更ながらYUKIの「ドラマチック」をTSUTAYAで借りてきてしまいました。いい曲ですね~!


続きはネタバレ含むのでご注意願います。っていうか恥ずかしい文章満載なのでそこにはもっとご注意願います。


»続きを読む

  1. 2005/09/02(金) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

なぜか急に思い出した。

僕は「NANA」という漫画があまり好きではありません。好きな人ごめんなさい。自分には合わない、と感じてしまったのです。
去年、当時のバイト先の知り合いに貸してもらい、11巻まで読ませてもらったのですが、途中で読むのを投げ出したくなったのを覚えています。全部読むのが大変でした。

キャラクターたちにはそれなりに共感は持てたのですが、何が良くなかったのかと言いますと、狭い範囲で人間関係が絡まりすぎだ、という点です。
こういう場合、どうしても「こんな小さいグループ内でゴチャゴチャしやがって~!」という風に考えてしまうのです。あっちの男とくっついたりこっちの男とくっついたり、というのが見ていていらいらしてしまいます。
人間関係のもつれというのは見ていて嫌なものです。現実の喧騒を忘れさせてくれるはずの漫画で、そういうのをわざわざ見たくないです。まぁ、自分に関係ない世界でドロドロしているのを見るのがいい、というのもあったのですが、最近は自分自身、そういう考えができなくなりつつある気がします。

っていうかこういう読み方をする漫画じゃない気もしますがね。トホホ。

  1. 2005/07/29(金) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(3)|

4TEEN

4TEEN

石田衣良原作の直木賞受賞作「4TEEN」のコミック全2巻です。原作は新潮社から出版されていますが、こちらのコミックは小学館から出ています。ビッグコミックスピリッツで連載されていました。漫画は海埜ゆうこさんです。
絵も雑でないし、原作の良さを失っていないのでとてもいい作品だと思います。原作を読んだときに思っていた登場人物のイメージが絵と比較的一致したので嬉しかったです。
原作より少し話が短いです。「飛ぶ少年」と「大華火の夜に」という話がコミックには無いのが少し残念です。

4TEEN
↑原作

  1. 2005/02/15(火) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

ラブ★コン

ラブ★コンですわ。
ラブ★コン 9

ええ年こいた男が少女漫画にハマっとる。あかんわ。
いやしかし、これマジ笑えるで!変なキャラ多すぎやし。
はよ続き読みたいわ~!

コレ読んで関西弁っていいな~って思ってしまいました~

『海坊主』がシュールですね!『おさかな地獄』聞いてみたいです!マイティがキモくて面白すぎ!登場するたびに笑ってしまいます。


»続きを読む

  1. 2005/02/05(土) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

レベルE

かつてブックオフで全3巻を105円で買っておいたのだが、実家のロフトに積ん読されたままだった。年末に帰省した際、暇だったので読んでみた。字が多いので読むのに時間がかかったのだが、非常に面白い!どんでん返しが強烈過ぎて笑える。

  1. 2005/01/10(月) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。