スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

どうしましょう!

こんにちは、他人のホワイトバンドをちゃっかり装着している偽善者丸出しのじゅんくんです。

最近は都会の喧騒を忘れさせてくれる栃木の生活をエンジョイしていますが、そんな中で、東京都のホットな話題から取り残されていました。

自由が丘、芳林堂書店はいつの間にか閉店していたらしいです。それだけでもびっくりなのに、その跡地に入ったのがなんとあのABC!半球ブックファーストの駅前一等地は奪還できなかったようですが、それでも自由が丘出店とは執念を感じます。
っていうかもう開店しているらしいです。川崎に戻ったら真っ先に行きます。たぶん。
福岡・天神にも出店するそうです。ABCも一時は息の根を止められたのによくここまで復興したものです。良かった。感動した。

どうでもいいですが、ABCの「青山」は地名の青山なのか、「至る所に青山あり」の青山なのか、どちらの由来なのでしょう?やはり前者でしょうか?後者は読みが「せいざん」ですしね・・・。 

ハチクロを読んでて、真山の台詞に「新宿のABCに行く」的なものがありました。新宿店復活はあるのでしょうか。ルミネの2店舗は便利でしたよね。2店舗跡地とも半球ブックファーストの触手が伸びています。奪還は無理ですかね・・・。

スポンサーサイト
  1. 2005/09/11(日) |
  2. |
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

自由が丘2

自由が丘は新刊書店のチェーン店が多い。三省堂書店、ブックファースト、芳林堂書店など(まだ他にもある)。そこで本を物色し、駅前のカッフェーの二階の窓際席でカプチーノでも飲みながら読書。ファーストキッチンの窓際は残念なことに喫煙席なのでエクセルシオールカッフェーに行くことが多い。
窓から駅前のロータリーが一望できる。タクシーの数の多いこと。さすが自由が丘、バスの塗装もお洒落である。東急プラザというでかい建物があり、一見ショッピングセンターのように見えるが、入っているテナントは銀行やカルチャースクールなどである。

  1. 2004/12/15(水) |
  2. |
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(3)|

自由が丘1

1,2,3,4,5,6,7,8,9,じゆうがおか!
と誰もが言うかどうか俺は知らないが、日本中のマダムたちが涎が出るほど憧れる、「住みたい街」ぶっちぎりNo.1という神聖な場所である。あら、マダムが涎なんて垂らしませんわよね、おほほ。
そう、この街は全国屈指の女性服、子供服、雑貨、美容院など、マダム御用達のショップが数え切れないほど並んでいるのである。また、子どもたちの進学や学歴などに対しての需要を見越し、大手学習塾、予備校も軒を連ねている。
さらに近年、スイーツフォレストや自由が丘ロールなど、洋菓子の宝庫となっているのである。スイートなだけに自由が丘は見事にマダムたちのスイートスポットを捕らえているのである。


»続きを読む

  1. 2004/12/13(月) |
  2. |
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

二子玉川1

世田谷区玉川。
玉川高島屋ショッピングセンター。
ニコタマって他には何にも無い印象だが、タマタカは相当デカい。服を買うにもセレクトショップ御三家がすべて揃ってるし、富澤商店あるし。マダムにとってこんな素晴らしい環境はなかなか無いだろう。南館5階に紀伊国屋書店があるが、児童書が比較的充実しているようだ。若いマダムが多いことから来る戦略だろうか。
しかしタマタカを除いて考えてみるとどうか。同系列のプレッセと東急ストアがあるくらい。東急ハンズがあるのはいいが、品揃えを考えるとあまり有益とは言い難い。「いぬたま・ねこたま」という一大アミューズメントパークがあるらしいが、「出没!アド街ック天国」では30位以内にすら入っていなかった。
二子玉川駅の乗降者数も、同じ田園都市線沿線の溝の口駅より少ないようだ。駅改札も渋谷側に一箇所しかなく、エレベーターは極めて利用しづらい。タマタカに駅から容易に行けないのも少々不便だ。
多摩川には、二子橋、新二子橋の二つが近くにあるが、新二子橋のほうが高いので景観が良い。

  1. 2004/12/12(日) |
  2. |
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

渋谷1

歩けば歩くほど新たな発見をもたらしてくれる。これが自分の定義する「良い街」である。居心地の良さよりも、好奇心を刺激してくれる方が自分にとって有益であると自分は考える。さらに、街の形成には、その街を歩く人々というよりは、その街で活動している企業、建築物、道路、交通網などが重要な役割を担っていると思う。ここでは、街と企業(特に小売業)、通り、交通機関について語っていきたいと思う。

渋谷。
センター街、道玄坂、文化村通り、公園通り+神南、宮益坂。もっと広く原宿や青山、代官山も加えてもいいかもしれない。これらそれぞれ違った個性を持っていて、雰囲気、店舗などの並び、歩く人々それぞれがきっちり住み分けをされている。

JR渋谷駅の真上を首都高3号線が通過し、駅の真下を国道246号線が通過し、その更に下を田園都市線が。JR2路線、東急2路線、京王1路線、東京メトロ2路線。渋谷を乗換駅とする人は苦労しますね~。山手線と東横線は改札が近いし、田園都市線と半蔵門線は直通(銀座線は表参道で乗り換え)だけど、埼京線は離れすぎだね~!新南改札なんて人通り少ないしね。でも埼京線ホームは実家への玄関口のにほひがして良い(?)感じ。
山手線ホームは島式とも相対式とも言えない変な造り。新宿・池袋方面は階段を使わずして改札があり、ランキンランキンに用がある人には便利だね!

  1. 2004/12/11(土) |
  2. |
  3. trackbacks(1)|
  4. comments(1)|
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。