FC2ブログ

トリビアの悪夢

3~5日は実家に帰っていたので、ブログを更新できませんでした。
昨日の夜は、物理学科の友人たちと自由が丘に焼肉を食べに行きました。
とても美味しかったです。
そのあと、バーミヤンで駄弁っていたのですが、「みんなが知らないような知識を披露する」というような話になりました。
いざ、そういうことを言えって言われてもなかなか出ないものですね。
もうどうでもいいような知識しか出てこなくて敗北感に打ちひしがれていました。
というか、その会話になる前に僕が言った「GLAYは昔5人だった」という知識の方が良かったと言われる始末です。
みんなが期待している状況で、その期待を上回る「へぇ~」を引き出すのは大変です。
もっと修行が必要ですね。

何故か疲れが溜まっているらしく、頭がボーっとしています。
今日はゆっくり休養したいと思います。

スポンサーサイト



  1. 2005/05/07(土) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

本の感想66

司馬遼太郎 「梟の城」 新潮文庫
自らの美学を追い求める葛籠重蔵と、手柄を上げ、出世することを目論む風間五平。二人の伊賀忍者の全く性質の異なった生き様が描かれている。
個人的には、ラストの重蔵と秀吉のやり取りが印象的である。また、戦闘シーンも迫力満点であり、読んでいてとても楽しめる作品である。

  1. 2005/05/07(土) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|
* Top *