スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

諦めたらそこで試合終了だよ。

研究室の前期ゼミで、僕は何をやるかいろいろ考えたのですが、去年の後期のゼミの時に理解しきれなかった中性子散乱実験に関する論文を今一度やってみようと思いました。リベンジです。ゼミまであと三週間しかありません。大変です。

どうも論文を読んでいて、理解に苦しむと、「できない」と思い、諦めがちになりそうですが、そこで逃げて理解できないまま修士2年間を過ごすということになると、何のために修士に進学したのか分からなくなりますし、そういう時間、学費の無駄遣いをするような生き方はしたくないのでここは踏ん張りたいと思います。

まぁきっと何とかなるっしょ。

スポンサーサイト
  1. 2006/04/26(水) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

B型H系

この写真は伊藤園「おーいお茶」のおまけについていたリラックマ貯金箱です。一週間くらい前に購入したお茶についてきました。高さは10センチくらい。彼が座っているのはただの絶縁テープです。


最近何故か「B型H系」という漫画にハマってしまっています。
下ネタ系なので好き嫌いには個人差があるかもしれません。
笑えるし、何気にヒロインが純情なところがいいですね。微笑ましいです。
そういえばヒロインだけ下の名前が一切出てこないんですよね。

あと、タイトルがほとんど(と言うか全部かも、自分が知らないだけで)曲のタイトルになっています。一部を挙げてみると、
・それが大事
・あー夏休み
・ジェットコースター・ロマンス
・なんてったってアイドル
・ちょこっとLOVE
・すれ違いの純情
・タッチ
・あずさ2号
・マシンガンをぶっ放せ
・違う、そうじゃない
・今すぐKISS ME
・うれしい!たのしい!大好き!

とか。年代もバラバラですね。

  1. 2006/04/24(月) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(2)|

新宿は豪雨ではなく小雨

今日は超久々にヒトカラに行ってきました。新宿です。
3時間じゃ足りませんでした。喉は十分だけどもっといろいろ歌いたかったです。
歌った曲を書き出してみます。

メロディーフラッグ、K、車輪の唄、オンリーロンリーグローリー、乗車権、sailing day、ロストマン、天体観測(バンプ)

Blurry Eyes、finale、Lover boy、brilliant years(らるく)

僕はここにいる、振り向かない、Passage(まさよし)

三日月ロックその3(スピッツ)

青いベンチ(サスケ)

ランニングハイ、タガタメ(ミスチル)

忘れないから(Gackt)

くらいかな?
あとは女性ヴォーカルばっかです。久々だったのでとてもスッキリ!

  1. 2006/04/23(日) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

思ったこと

新学期も始まり、早寝早起きの習慣も大分ついてきました。
最近は非常に安定した生活を送れるようになってきたようにも思います。

思い起こせば、去年度は一年間にわたり、精神状態が完全に荒廃していたように思います。
いろいろ辛い思いをしました。真面目に悩み、今思えばどう考えても解決しないような、そしてくだらない問題を抱えていました。それでも、自分は一生懸命、全力でそのとき大切だった何かを守る気持ちを貫こうとしたのだと思います。それは自分にとって決して無駄ではなかったと思います。その時の自分の行動を思い出すと目を覆いたくなりますが(そしてさらにはそれらが自分の意に反してたくさんの人に知れ渡っていますが)、今となってはいい笑い話かも知れません。

それにしても去年度という辛い時期を経験して痛感したことは、誰がどうとかでなく、自分自身の未熟さでした。全く本質的でないものを信じ続けていました。それは頭で分かっていなかったわけではありません。しかし、それが明らかに的外れであることを認めたくなかったのでしょう。

つい先週くらいでしょうか。ある人がこんな感じのことを僕に言ってくれました。

「精神的に成長すれば、それに見合った人が好きになってくれるよ」

何故でしょうか、この言葉に凄く救われました。
まぁ、いきなり成長するのは無理なので、少しずつ、成長していこうと思います。

  1. 2006/04/13(木) |
  2. 生きている証|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(8)|

シュール

最近の出来事を簡単に書いていってみます。

4/6
入学式でした。式自体はどうでもいいのですが、新しく研究室の仲間になった同期の歓迎会をしました。彼は家が遠いので二次会には参加しませんでしたが、この二次会に最終的に残っていたメンバーがシュールでした。4人のうち2人はうちの研究室じゃないし。

4/7
第1類(理学部のこと)一年生のオリエンテーションのため、研究室紹介のための演示実験の担当をしました。めんどかったです。夜は某居酒屋で飲んでいたのですが、S君とルームシェアをしている化学科の同期K君に偶然遭遇、そのまま彼のチャリで酔っぱらったまま彼の家へ行き、S君にシュールな思いをさせました。

4/8
目が覚めたら一瞬どこだか分かりませんでした。S君が僕を寝かせてくれていたようです。メモリーカード無しでFF9をやりました。彼に食事をご馳走になってしばらくして家に帰ってからは何もする気力が起こりませんでした。

4/9
研究室の同期Kさんとその後輩と永田町にある日○谷高校のすぐ側(敷地内?)でとあるアルバイトをしました。働いてないときは結構暇だったので、その時にシュールな話をいろいろ聞けました。

4/10
新年度の最初の月曜日ということで、朝のバイトは大変でした。春休みは超楽だったのに。教授と助手の方が出張なので、この隙に実験をやろうと思い、始めました。

4/11
朝のバイトはそこそこ混雑していました。マイク放送はローテーションなのですが、何故か僕が一時間もやってました。楽しいから別にいいけど。午後は実験装置を動かしたり、論文読んだり。もう春休みが終わったことを実感しました。

  1. 2006/04/11(火) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(1)|
  4. comments(0)|

田都ばとん

かなりローカルかつマニアックなバトンなのですがやってみることにしました。



◎以下の質問には、
 利用したことがある、該当する=○
 利用したことがない、該当しない=×
 でお答え下さい。

半蔵門線までそのまま乗る: ○ 今日も乗りました。
東武線までそのまま乗ったことがある: × ないですねぇ、東武。
渋谷駅のオレンジ色の自動改札(東横線乗り換え): × これもないなぁ。
東京メトロ銀座線をわざわざ渋谷でのりかえ: × これは意味無いねぇ。
渋谷駅から湘南新宿ラインにのりかえ: ○ 帰省ルート。
三軒茶屋から世田谷線にのりかえ: × 実は世田谷線乗ったこと無いです。
二子玉川で大井町線にのりかえ: ○ しょっちゅう。通学ルート。
溝の口で南武線にのりかえ: ○ 一応あります。
あざみ野で横浜市営地下鉄にのりかえ: ○ これもありますね。
長津田で横浜線のりかえ: ○ あります。
長津田でこどもの国線のりかえ: × ないです。
中央林間で小田急江ノ島線のりかえ: ○ あります。

大井町線直通急行: × 逆はありますが。
渋谷駅始発電車(夜): × ないっす。
朝ラッシュ時長津田始発の急行に並ぶ: × 壮絶な争いが繰り広げられてるんだろうな、きっと。
大井町線発鷺沼行き電車: ○ たまにあると嬉しい。
6ドア車両: ○ 朝にね。
女性専用車両: × だって男ですから。小学生以下のお子様でも無いし。。。
5000系のモニター(TOQビジョン)の広告が気になる: × 特に気にしません。ヒマな時見るくらいかな?
SUMIDA HA・NA・BI号: × 存在自体知りません。

たまプラーザ東急百貨店: ○
電車とバスの博物館(宮崎台): ×
多摩田園都市 まちづくり館(田奈): ×
グランベリーモール(南町田): × 行ってみたいんだけどなかなか。。。

みなとみらいチケット: ×
東急東京メトロパス: ×
駅キーホルダー: ×
東急電車時刻表(本)をただでもらった: ×

寝過ごす: ×
長津田止まりの電車で駅員に起こされる: ×

田園都市線の混雑はいやだ: ×
車掌の担当乗務員のアナウンスが気になる: ×

◎好きな車両は?
(東急:8500系、2000系、5000系)
(東京メトロ:8000系、08系)
(東武:30000系、50050系)

5000系かな?ドアが一番やわらかいんです。
東武車両はドアに指を挟まれると痛いです。

◎一番利用してる駅は?
みぞ。

◎一番好きな駅は?
やっぱみぞかねぇ。愛着あるし。

◎一番好きな駅のお薦めスポットは?
朝早くのホームに立つといいもんですよ。

◎田園都市線沿線でお薦めする食事処
タマタカの寿司の美登利とか。

◎直通電車で一番遠くまで行ったところは
たぶん錦糸町。

◎田園都市線の面白いエピソードなど
特に思いつかないなぁ。

  1. 2006/04/09(日) |
  2. 生きている証|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

本の感想82

森博嗣 「詩的私的ジャック JACK THE POETICAL PRIVATE」 講談社文庫
S&Mシリーズ第4弾。
本作はシリアルキラーをテーマにしているので、発生する殺人事件に少々アーティスティックな雰囲気が漂う。小説ならではの味わいだ。
殺人のトリックに使われてコンクリートの試験体を我が子のように守る研究員の姿が印象的だった。他の誰が見てもただのコンクリートの塊に過ぎない物体を大切に守るというのは、研究員に課せられた使命であり、またそこから、どことなく儚さも感じさせる。

  1. 2006/04/09(日) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

41巻

「ONE PIECE」の新刊を買って読んで泣いてしまいました。いい年こいた男が何してんだか。。。でもそんだけ感動的だったんだよ。やられた。。。


あまりにも感動したので、今日はこの「ONE PIECE」について熱く長々と語ってみようと思います。


それにしてもこの漫画、僕が中学生のころに連載が始まったんですよね。初めは良くジャンプにありがちなただの冒険戦闘漫画だと思っていました。でも実は、登場人物一人一人の設定を見ても結構バリエーションに富んでいるし、「悪魔の実」の種類の多さ、分類も面白みを深めているんですよね。
でも、最近のコミックでは、どうも戦闘もルフィたちの強さをただ誇示しているだけという印象で、読んでて面白く無い。

とか思ってました。甘かったです。

違うんだよ、この漫画の本質はそこじゃないんですよ。多分。

ナミの話にしろ、チョッパーの話にしろ、ビビの話にしろ、(←全部泣いた)マジで感動できる、っていうか、パターンは同じといえば同じなんだけど、そこには普遍的な感動できる要素が含まれているのです。そして今回の話も同様です。泣き過ぎて続きが読めなくなる、というのはスゴいことです。人前で読めませんよ。


まぁ、何が言いたいかって言うと、この漫画、面白いよ、ってことよ。こんだけ人気出てるんだからそりゃそうだろうって感じだけどね。読んで無い人は是非ご一読をオススメします。完結して無いのがネックだけど。


っていうか僕は、結構涙もろいんです。BUMP OF CHICKENに「K」という曲があるんですが、初めて聴いたとき泣いてしまったんですよ、実は。そのときから、結構このアーティストの方向性とこの漫画の底に流れているものに共通したものがあると勝手に感じていたのですが、バンプが映画版「ONE PIECE」の主題歌を作った時は、内心ニヤリとしていました。そして、その曲「sailing day」も、とてもこの漫画の雰囲気に合っていると思ったもんです。この曲の歌詞に、

「たった一秒 生きるために いつだって命懸け 当たり前だ」

という部分があるんですが、その「当たり前だ」という部分が特にいいです。漫画ではここで泣くんだよ。

  1. 2006/04/04(火) |
  2. コミック|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

最近の日記

昨日の夜中、今年度から就職する友人から電話が来て、小一時間語りました。
僕はあと2年学生なので企業勤めというのはまだ実感が無いですが、その人の話を聞いてると、やはり精神的にかなり大変そうです。何といってもほぼ毎日が仕事一色ですからね。

最近僕はとても疲れています。いらない気苦労をしているせいかもしれませんし、普通に体を酷使しているせいもあるでしょう。この前、ミクシィに次のような日記を書きました。


僕はあまり、なんかの記念に自発的に写真を撮ることはあまりしないのですが、卒業式のときは珍しく数枚写真を撮りました。
しかし写真を見て思うのは、最近自分の顔の形が変わっていることです。目はくぼみ、クマがくっきりと見え、ヤバい感じが超します。
でも考えてみると、ここ一年くらいはずっとこんな顔の気がします。どうしよう。



こんな感じでしたが、僕の日記には珍しく5件ものコメントを頂けました。しかし、そのうちの3件はネタでした。それでいいんですがね。心配してもらえるのも嬉しいですが、そうでなくてもコメントを書いてもらえるのはとても嬉しいもんです。

今日はエイプリルフールでした。去年は「彼女が出来ました」という痛々しいネタだったので、今年は痛々しく無いものをミクシィ日記に書いてみました。


実は僕が次の民主党代表らしいです。


別に対して面白くも無いんですがね。しかしこの記述に対してある方からコメントを頂きました。

「奇遇だね。私もです。」

何というか、やられました。僕がが苦労して考案したネタを、あっさり踏み台にされた感じがして悔しさでいっぱいです(笑)


何故か今日、ある不思議な縁でミクシィ上で知り合いが増えました。世の中、どういう縁があるか分からんもんですね。

  1. 2006/04/01(土) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。