スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

本の感想4

盛田隆二 「夜の果てまで」 角川文庫
これは不倫小説である。北大生の男とラーメン屋の後妻が不倫する話。
少し人物一人一人が濃すぎで、簡単に受け入れがたいところはあると思うが、しかしなんと言ってもこの小説の特筆すべき点は、この長い長編の最後の最後のオチが一番最初に来てしまっている(!)ことだ。これは無論、普通だったら半ば読む気力など失せてしまうはずだ。しかしオチが判っているのに、長い文章を飽きさせず最後まで読ませきってしまうのだから驚きだ。それだけ力のある文章だという証であろう。

スポンサーサイト

  1. 2004/12/13(月) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(1)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/11-4a69092e

▼夜の果てまで 盛田隆二
普通の大学生と複雑な家庭環境にある人妻の恋愛小説。出会いから駆け落ちするまでが描かれていて、所々面白いが、全体を通してみるともう一歩。駆け落ち後が描かれていない点がこの小説のポイントらしいのだが、後半に出てくる訳あり夫婦の顛末が、小説には描かれていない主

  1. 2005/01/03(月) 16:59:52 |
  2. 地球圏の日常
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。