FC2ブログ

本の感想48

フランツ・カフカ 「変身」 新潮文庫
ある朝、男は虫に変身してしまう。家族は男の存在に心身ともに蝕まれていく。
経済的に家計を潤す以外の価値が家族にとって無いということが男が虫になってから判る気がする。ラスト10ページほどにそれが象徴的に描かれている。
その点では、男が虫になっていなくともこの話は成立するのであろう。現代のサラリーマンたちの中にも家族に虫のように疎まれている存在がいるのかも知れないのだから・・・。怖いね。

スポンサーサイト



  1. 2005/03/06(日) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/120-a9ae6dfb

* Top *