スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

伝説の星/死に至る玩具

石田衣良「反自殺クラブ」(文藝春秋刊)収録の短編「伝説の星」と「死に至る玩具」の二編を読みました。
「伝説の星」は、昔のスターがゲリラライブを行う話。珍しくどんでん返しが待っていた!
「死に至る玩具」では、華やかに売られる人形とは対照的に、人形を生産している中国の工場における労働力搾取の実態に迫る作品。結構好きかも。

昔は感じなかったがエンターテインメント小説における短編に物足りなさを感じてしまっている気もします。やはりこの手の小説は長編に限るのか??
是非IWGPシリーズの長編も読みたいです。本当にオールスターで。劇場版名探偵コナンみたいに(笑)石田先生お願いしますよ!「とくダネ!」とか出てる場合じゃないですよ!

スポンサーサイト

  1. 2005/03/26(土) |
  2. 本の話|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/149-41174625

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。