スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

ブルータワー

石田衣良著『ブルータワー』(徳間書店刊)を読みました。
この作品は、著者が9.11の事件に触発されて書いたというものであるが、別にこの事件に対して何らかの示唆が含まれているわけではない。この人の小説に共通して言えることだが、ストーリー中には、「何が正しいか」とか「善と悪」というような思想めいたものは出てこない。著者の主張と読み取れるものは「どんな状況でも生き抜くこと」というただ一点であろう。主人公に世界の未来を託して死んでいく中で、主人公は武器も持たず必死でもがきながら戦っていく。仲間たちの信頼と強い意志には心を打たれた。
ところで、この作品はSFという位置づけになっている。ファンタジーといってもいいかもしれない。著者のこういった作品は他に「エンジェル」くらいしかないような気もするので、異色の作品である気もする。

実家に帰っていたのでなかなか更新出来ませんでした。
明日あたりアパートへ帰る予定です。

また、昨日つくばへ行ってきました。詳細は後程。

スポンサーサイト

  1. 2005/04/05(火) |
  2. 本の話|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/161-40adf99c

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。