スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

再確認

研究室のMacにはiTuneが入っていますが、これがとても素晴らしく、メディアプレイヤーが非常にみすぼらしく見えてきました。今日は様々なCDをエンコードしがてら、いろんな曲を改めて聴き直しました。そのなかでも、「改めて名曲だっ」と感じた曲について所見を述べていきたいと思います。

Mr.Children 「Hallelujah」
もう歌詞がたまりません。男の立場から言わせてもらいますと、この歌詞のように女性を愛することができたなら、それだけで幸せだと思います。自分が愛する人のために尽くし、それを信じて止まないことで幸せになれるという点では、愛する人は神様のようなものですね。僕もそれくらい愛せる人に出会いたいです。
この曲は僕が知っている限りではミスチルの中で最高のラブソングだと思いますよ。

Every Little Thing 「ソラアイ」
曖昧な空模様。雨が降るのか降らないのかはっきりしないような天気。自分の好きな気持ちをはっきりできなかったがために、結果として愛する人も自分自身も傷つけてしまった。愛する人をより深く愛せることができたなら・・・ということです。

こういう曲たちに感動してしまうのは、それが今の自分の心境を表しているということなんですかね・・・。心の底から人を愛するというのは、単純で簡単そうですが、実は一番難しいことなのだと思います。
愛するとは何でしょうか。クサっ!とか思われると思いますが、今日は大まじめに考えていきたいと思います。
愛するということで幸せになる、ということを仮定します。その場合、愛する対象がいて初めて幸せが成立することになります。つまり、幸せになるためにはあくまで相手に依存しないといけません。「愛する」ことにより既に相手に頼ってしまっている訳です。心から愛せるということは、全面的に相手に寄りかかれるかどうか、ということになります。
相手を頼りにする、ということは、その思いが強ければ強いほど、暗に明に相手の同意が必要となるでしょう。僕個人としては、相手の気持ちを無視してまで愛し抜くことは難しいと思います。
結局何が言いたいかと言うと、心の底から信頼できる相手が欲しい、ということです。一人でずっといられるほど僕は強くないのよ、ホントに。

と、たまには弱音を吐いてみたくもなる年頃な自分でした。曲の話しているのに随分ずれましたが、それは気にしない方向でお願いしますよ。

スポンサーサイト

  1. 2005/05/12(木) |
  2. 音楽|
  3. trackbacks(1)|
  4. comments(3)|

この記事に対するコメント

 ・Macええなぁ~

 ついにマックか、じゅんはwindows派かとおもってたけど・・・

おれも買おうかしら、新しいMac!けど、やはり研究室のってのがいいね。iTuneはwindowsでも使えるよ。

  1. きゅうり
  2. |
  3. 2005/05/13(金) 04:08:23 |
  4. URL

 ・

 windowsとMac両方所有するってなんか憧れですね!
僕はさらにマイパソ購入するお金がないですね~。

  1. じゅん
  2. |
  3. 2005/05/13(金) 13:09:21 |
  4. URL

 ・こんなのはいかが?

 http://booklog.jp/


コレおもしろいよ~。自分の読んだ本や、聞いたCDを本棚に並べられる。レビューも書けて、画像も出るからオススメ~。

  1. なおと
  2. |
  3. 2005/05/15(日) 02:06:52 |
  4. URL

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/189-0947fe7c

▼いきなり曲の感想を書く。
その曲とは~以前某お方のblogで紹介していたMr.ChildrenのHallelijah でっす。歌詞ゼミの準備をしつつ、みすちるが聴きたい!と思ったので某お方のiTunesを共有を通して拝借し、聴いていたところ、ここで思わず手が止まってしまいました。いつの日か年老いていっ...

  1. 2005/07/11(月) 19:02:14 |
  2. かくれぺいじ
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。