スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

久しぶりの自転車

自転車に乗って出かけるのは久しぶりだった。
少し前までは頻繁に通っていた道も、暫く離れているととても新鮮だ。
残暑の残るすがすがしい9月の空が僕は好きだ。
二子橋を通り、高島屋の横を過ぎていく。
ペダルに力を加え、通りを進んでいく。途中の小さなスーパーでペットボトルの烏龍茶を買って飲む。500mlはすぐに僕の喉を通過していく。
そしてまた自転車に乗る。目的地はすぐそこだ。
世田谷区某所のバッティングセンター。
110km直球右打ちのブースに入る。他のブースには誰もいない。
数回素振りをしてみる。久しぶりのバットを振る感触。そして機械に先ほど二千円で買ったカードを投入する。
機械がボールをはじき出す。
初めはタイミングが合わず、振り遅れることがしばしばあったが、次第に慣れてくる。
フライやゴロ性の打球が大半だが、時々バットは芯を打ち抜く。そのときの打球が真っ直ぐ飛んでいく感触が心地よい。
カードを三回分消費し、暫く休憩し、また自転車を漕ぐ。
次の目的地はブックオフ。今回は小説ではなく、様々な示唆に富んだ本を数冊立ち読みしてみる。さらに読もうと思っていて溜まっていたコミックを10冊近く読破する。コロキウムや院試という縛りが読む気力を削いでいたので、読んだ満足感だけでなく、開放感も味わうことが出来た。
何も買わないで外へ出ると、外はもう日が落ちていた。紀伊国屋書店に寄り、「ハチミツとクローバー」3巻を購入。漫画に浸る生活もたまには悪くない。
そして川崎方面へ向かい、多摩川を渡る。この季節の二子橋は花火の匂いで満ちている。橋の下を見れば、花火の光が点在している。しかし花火が咲く音より、人々の下品な笑い声の方が目立ってしまい、風流さが感じられないのが残念である。

スポンサーサイト

  1. 2005/09/01(木) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/249-bd492262

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。