スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

本の感想10

志賀直哉 「暗夜行路」 新潮文庫
主人公である青年・時任謙作に、次々と悲惨な運命が降りかかる。しかしそれでも謙作は力強く生きていこうとする。半ば現実逃避しながらも、心の平安をつかむために努力していくのは大変なことなのだと思った。

スポンサーサイト

  1. 2004/12/19(日) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/26-64c6283b

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。