スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

完全なる変態

今朝、悪夢を見ました。
起きたら汗だくでした。汗だくの理由はおそらく羽毛布団に加えてさらに毛布をかけていたからだと思いますが。

夢の内容は、不快になる人がいるに違いないので、詳細を書くのは止めますが、かわいい猫とゴ○○リの話です。ゴ○○リって不完全変態なんだな、ということが朝起きてまず考えたことでした。

たまには意味のない話でもします。

完全変態と不完全変態ってどっちの方が好きですか?好きも嫌いもねぇよ、で話が終わりそうですが。

そもそも完全変態とは?もちろん完全に変態な人、と言う意味ではないですよ!
昆虫で、さなぎになる種類を完全変態、ならないのを不完全変態といいます。

完全変態の昆虫としては、カブトムシ、蝶、蟻などがいます。不完全変態の昆虫としては、蝉、トンボ、ゴ○○リなどがいます。

川底から這い上がってきたヤゴが羽化しトンボになる姿や、何年もの間地下に潜っていた幼虫が日の目を見た瞬間に成虫になり大空に羽ばたき、生命を燃やしながら鳴く蝉の姿には感銘を覚えますが、やはりさなぎという言わば猶予期間を持ったもどかしさがたまらないのです。全く身動きが取れない、しかしこれがオトナになるために必要な時間なのです!

そういえば人間ってどこからが大人なんでしょうね。世俗的に言う大人は文化によって違いますしね。元服は15、とか成人式は20歳でやる、とか、いろいろありますが、やはり経済的、精神的に独立して初めて大人なのではないでしょうか。そうなると僕は全くと言っていいほど子供ですね…。精進したいと思います。

スポンサーサイト

  1. 2005/10/12(水) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/284-d1bb85e3

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。