スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

ああ困った。

中性子散乱がわからない・・・。

今週の木曜日には僕がゼミを発表するわけですが、CdCr2O4という物質の論文について発表するわけです。そちらの方はもうKeynoteのシートも出来上がっていて、細部を修正し、もう少し話題を増やせば完成するわけです。そこまではいいのですが。

CdCr2O4で中性子散乱という実験をしたものの最新の論文があり、それもあわせて発表するのですが、これが読んでて全然意味がわからない・・・。

結論として何が主張されているかはわかるのですが、そこに行き着くまでの議論を説明できないと全く意味がないわけです。しかしそこに至るまでの話がこれっぽっちも見えてきません。物理がわからないのは、ひとえに今までの僕の怠慢のせいなので、言い訳しようもないのですけどね。

そんなわけで夜は現実逃避してました。キャベツを大量に千切りしました。それでもまだキャベツは余りまくっているので、回鍋肉を大量に作りました(金銭的な都合のため豚ではなく鶏肉です)。
駅前のスーパーで鶏モモ肉とほうれん草を買ってきました。モモ肉を茹で、適度な大きさに切ります。昨日の余りのネギとキャベツ、ほうれん草も切ります。

あらかじめテンメンジャン、オイスターソース、醤油、酒、鶏の煮汁を混ぜた調味料を用意しておきます。

熱したフライパンに油を引き、ローストガーリック、おろししょうが、昨日刻んでおいたネギ(少しでも消費するためで特に意味はありません)を入れます。香りが出てきたら豆板醤を加えます。
そして肉を投入して軽く炒めたら野菜を加えます。野菜がしんなりしてきたらあらかじめ混ぜておいた調味料を絡ませて出来上がり。


大量に作りすぎたので明日の3食は全部回鍋肉になりそうです。っていうかまだキャベツ余っています。どうすんだコレ。


ところで今日の朝。
大学のサーバのメールアカウントをチェックしていたら、中学時代の知り合いからメールが来ていました。知っている人の名前をいろいろ検索していたら、ちょうど僕の大学のサーバに置いてあるページがヒットして、そこからメールを送ってくれたということです。

僕の名前は大して特殊な名前でもないので、グーグルでもヤフーでもトップに来るのは別の人の名前なんですが、4~5番目くらいに自分のショボいホームページがありまして・・・。大学のサーバに置いてあるのにアカデミックな内容が少ないのですが、実は関係ない内容が結構充実しています。読んでもつまらないと思いますが・・・。

「関ケ原」もついに中巻が読み終わりました。いよいよ東軍と西軍が決戦に入ります。わくわく。
最近は本を読む時間が取れないのですが順調に読み進めています。時間的、精神的にゆとりがあれば一日に何時間でも読んでいたいのですがね・・・。電車の中でくらいしか読めません。特にこれだけの傑作だとがんがん読んでいきたいのですが・・・。
まぁ、感想は読み終わってから書くのが個人的な主義なのですが、結構長い話なので、中巻までの感想を書いていきたいと思います。



この「関ケ原」という作品中には、非常に多くの登場人物が出てくる。様々な性格、境遇に置かれた大名たちが、それぞれどのような行動をとっていくのか、また、彼らを家康、三成はどのように従え、あるいは味方につけていくのか・・・。これらからおのおのの人物に対する読者の好き嫌いが出てくると思う。

特に家康は筆者も嫌いらしく、かなり嫌な人物として描かれている。家康は確かに腹黒いし、関東八州、255万石という超膨大な力をバックにした上で、多数の大名の弱み、性質を見抜いた上で利用していく姿は共感が非常に持ちづらいと思われる。しかし、彼はそういった精神を貫いたからこそ、天下を取ったのであろう。厳密な比較はできないが、現代でも成功している(儲けている)人間というのはそういった人物ではなかろうか。大量の資産に物を言わせた株の買い占め、寡占独占、M&A・・・。
家康は、確かに見ていて気持ちのいい男ではないが、成功者としてはものすごくいい見本になると思われる。真似したいかどうかは別にして。



下巻を読み終わったらまた正式に感想を載せますが、この文も少し改めてまた掲載すると思います。正直すごい作品だと思います。
しかしもっと本を読む時間が欲しいなぁ・・・。どんどん読んでどんどん感想を書いていきたいと思う今日この頃です。
ちなみにこの「関ケ原」は、司馬遼太郎の戦国四部作の三作目にあたるものらしいです。

「国盗り物語」~「新史太閤記」~「関ケ原」~「城塞」

という感じで。つまりいきなり三作目から読み始めてしまったわけです。このままいくと次はおそらく「城塞」を読みたくなると思われますが、積ん読処理という課題があるのでなかなかそうもいかないかもしれません。

スポンサーサイト

  1. 2005/11/14(月) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(3)|

この記事に対するコメント

 ・きゃべつ

  野菜が余ったらスープしかない?

  1. クレヨン
  2. |
  3. 2005/11/14(月) 12:04:50 |
  4. URL

 ・ほうほう

 ではキャベツが腐らないうちに作ってみますね!シャウ○ッセンもあるので、おいしいスープが作れそうです!

  1. じゅん
  2. |
  3. 2005/11/14(月) 20:49:44 |
  4. URL

 ・

 余った野菜+シャウ○ッセン=ポトフだね。コンソメ買ってきて入れれば出来るよ。ジャガイモとたまねぎ入れるとよいよ。

  1. きゅうり
  2. |
  3. 2005/11/14(月) 20:56:22 |
  4. URL

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/310-b4cf650b

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。