スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

明日はゼミ

明日はゼミの発表です。
この日のためにかなりの時間と精神力を傾けました。論文も読みまくりました。そして、Keynoteを使い、プレゼンテーション用のシートも丹精込めて作り上げました。

しかしその完成品を見ると。

正直穴だらけなんですよ。理解していないことだらけで。
自分ではかなり勉強したつもりでも、それをまとめると凄く内容が薄い。
しかも肝心の論文の説明すら結局満足に出来そうにない。
研究室の皆さんの前で、自分が恥をかく分には仕方がないと思います。しかし。
自分として一番悔しいことは、「聞く価値もないゼミだ、時間の無駄だった」と思われることです。
が、今ここにある発表内容を確認してもわかるように、そう言われても何も反論できません。
寝坊しないように気をつけて、朝10時に遅れないように来てくれた人たちに、こんな陳腐なゼミを聞かせるのは申し訳無さ過ぎます。

大分悲観的になりましたね。しかし理解できていない部分が多いのは事実ですしね。まぁ今回は多分前回のゼミよりもよっぽど頑張れたと思うし、内容はショボくても、自分なりには成長できたと思うのでいいということにします。

で、CrystalMakerというソフトを使って結晶を描きました。
CdCr2O4.jpg
↑クリックするとデカいのが見られます。

CdCr2O4という物質です。白っぽいやつがCd(カドミウム)で、ピンクのがCr(クロム)、赤いのがO(酸素)です。
カドミウムイオンは4つの酸化物イオンに囲まれ(四面体配位)、クロムイオンは6つの酸化物イオンに囲まれ(八面体配位)ています。こういう構造を「スピネル」と言います。

そしてこのスピネル構造の物質に特徴的なのが、磁場を加えたときに生じる「フェリ磁性」です。そしてこのCdCr2O4という物質では、このフェリ磁性が強磁場中で非常に安定しているという実験事実から、何故そういうことが起こり得るのか、ということを解明していくのが今回の僕のゼミの主題のひとつです。

まぁわからないで諦めてしまっている部分もありますが、まだ時間もあるので出来る限りの作業をしていきたいと思います。しかし徹夜明けなので相当眠いです…。今日は早く寝て明日に備えます!

スポンサーサイト

  1. 2005/11/16(水) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/312-42b7fba1

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。