スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

鬱トークの弁明

明後日発表のポスターのファイルがようやく仕上がりました。
印刷は研究室内で出来ないので、明日別のところにやりに行く関係上、今日中に仕上げる必要があったのです。
それなのに、未だに中性子散乱が分からず、今日の昼間、大変な状態になって、「理解できない自分」に苛立ちを覚え、そして駅伝大会の疲れが抜けきらない状態も重なり、普通の状態だったら気にも留めない「嫌なこと」が膨れ上がってくるのです。

ブログに愚痴ばかり書いているときは、ある意味本当に追い込まれています。っていうか最近多いですよね。反省しています。

しかし、読んでいる人に心配はかけたくないし、してもらいたくもないのです。心配させて負担に思われたくないのです。
こういうのは喉元過ぎると忘れてしまうことが多いので、心配してくれた人を逆に嫌な気持ちにさせてしまうのです。
以前は確かに心配されたい、というしょうもない気持ちがあったように思います。しかしそれでは大切な人を傷つけてしまうことになってしまいます。そういう自分を許しておくわけには行きません。

そして最近は、「自分が大切に思っている人」って、相手も逆に大切に思ってくれているのかな、と思うこともあります。自分がその人にしてあげられたことって、きっと何もないですが、それでも僕をとても幸せな気持ちにしてくれた、そういう人と出会えたというのは本当に僕の誇りなのです。だからいつか、しっかり頼られる人間に成長して、逆にその人が辛いときにしっかり支えてあげられるようになりたいのです。
自分のことを心配してくれている人は、もしかしたら自分もとても辛い状態なのに、それでも自分のことを心配してくれているとしたら・・・。

当然、心配されている場合ではありませんよね。

今は苦しいと思うことがあって、それを見せない努力をする、というレベルにとどまっていると思います。それもこうしてボロが出ていて・・・。しかし、1ヶ月ちょっと前よりは進歩しているはずです(と、勝手に思ってます)。もう少し時間が経てばもっと進歩すると思います。少なくともそうなる意志が今の自分にはあります。少なくとも迷ってはいません。


この文章を書きながら「青春スーツ」を見事に着込んでいるような気がしてどうしよう、という感じです。恥ずかしい~


んで、先程書いてしまった鬱トークは、放っておくと結構問題のありそうな文章である気もするので、釈明しておきます。

「嫌がらせしてくる連中」というのは、「お前はどうせダメ人間だ」と考えてしまうネガティブな自分のことです。誰かに苛められているわけではないですよ!現実がキツいものになると、それが加速して、大変なことになってしまうのです。

夜になれば作業も終わっているはずなので、すっきりしているだろうと思っていたわけです。事実すっきりしています。


先週は本当に勉強の重さに潰されそうになってしまっていました。しかし御陰で大分前向きに考えられるようになりました。
今日も気が動転してしまった後、勉強する場所を変えて一人でもう一度じっくり論文と向き合ってみました。焦らないで、一行一行丹念に読んでいきました。
中性子散乱自体は今ひとつだけど、論文で主張されている内容はようやく把握できたと思います。ポスター発表が終われば勉強関連は一段落するはずなので、中性子散乱の基礎から勉強していきたいと思います。

卒研の実験に関しては、実験装置が学会発表の人たちのために埋まっていて、4年生は放置されているのが現状です。しかし、自分に実験の機会が回ってくるときまでにせめて一つでも多くのサンプルを作っておきたいので、助手の方に無理を言って昨日の夜、付き合ってもらいました。本当にありがたいです。


あとは土曜日に会った駅伝大会の話を少々。

研究室のメンバー5人を集めたチームです。助手の方とOBの方とD2の方とM2の方と僕です。
この日のために結構練習を重ねてきました。

コースはおよそ3キロ、事前にタイムトライアルを重ねてきました。

駅伝とは言っても一人一周のコースで、チームによっては同じ人が2周以上走ることもあります。

先々週の木曜は13分30秒、今週の月曜は13分08秒、今週の木曜は12分48秒。

で、今日の本番は12分03秒と、月曜のタイムを1分縮めるという自分でもびっくりなタイムを出せて嬉しかったです。しかし、チームでは精鋭ぞろいなので、みんな僕よりも1分以上速いです。

うちのチームは一般の部4位で、まずまずの結果だと思います。
上位はどうやら実力者揃いのようでした。
あのレイザーラモンHGのコスプレをした人が走っていたのですが、何故かめっちゃ速くて、区間賞とってました。表彰のときに、「区間賞フゥー!」と言っておりました。しかも彼2周走ってました。意味わかんない上に凄すぎです。

マジで走ったので走り終えた瞬間は立てませんでした。正直疲れましたが、とても充実したレースが出来ました。出来ればもっと鍛えて来年も出場したいと思っています。


こんなクソ長い文をいつも読んでくれている人、本当にありがとうございます。このブログもあと二日で1歳になります。

スポンサーサイト

  1. 2005/12/08(木) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(2)|

この記事に対するコメント

 ・

 >以前は確かに心配されたい、というしょうもない気持ちがあったように思います。しかしそれでは大切な人を傷つけてしまうことになってしまいます。そういう自分を許しておくわけには行きません。

お邪魔します。
ちょっと前に友人から聞いたのですが、辛いとかそういう気持ちになるときは周りの心配りを本能的に欲している時なんだそうです。風邪などの病気はどんなときにひくか?疲れていたり無理したりしているとき、体が「休めサイン」を出している時です。

辛いときは、「自分のことを心配してくれる人」に思い切って打ち明けるといいと思います。そこで無理して「心配させまい、元気を装おう」と思うことは、風邪なのに無理矢理薄着で北海道の雪に突っ込むようなものです。

自分の体を労わってあげてください。

長文失礼しました。

  1. 通りすがり
  2. |
  3. 2005/12/08(木) 22:25:44 |
  4. URL

 ・

 難しいですねぇ。

元気なときは元気なんです。というか普段はずっと元気なんですよ。だから決して「元気を装う」というつもりはないのです。

しかし、今の段階では、装ってしまっている状態になってしまっているのかもしれません。この記事でも、無理をしている感じは出てしまっているように自分でも思います。

そしてその感じは、もしかしたら負のオーラ全開で、泣き言ばかり書いてあるよりも、逆に読んでいる人が不安になるのかもしれませんね。


でも実際にこうしてブログに書いている時点で、ウェブ上の不特定の人に「辛い」ということをもう打ち明けることが出来ているのだと思います。読む人によっては嫌な気持ちにさせてしまうかもしれないですけれど。

しかし、こうして通りすがりの方にも心配してもらえるのは、正直嬉しいです!こうやってコメントがもらえる、それだけで相当癒されるのですよ!読んでもらえるだけでも嬉しいのに。
これが通りすがりさんの負担になってしまっていないのを祈ります。

人に甘えすぎず、一人で頑張りすぎず、生活していきたいと思います。ありがとうございました!

  1. じゅん
  2. |
  3. 2005/12/09(金) 00:03:08 |
  4. URL

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/327-30541d2c

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。