スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

本の感想74

森博嗣 「スカイ・クロラ」 中公文庫
この作品は、前回紹介した「S&Mシリーズ」ではなく、別シリーズの第一作である。詳しくはこちらを参照されたい。
S&Mシリーズで御馴染みの「謎解き」及び登場人物の掛け合いなどは存在せず、純文学に近い作品に仕上がっている。その分、著者の本当に表現したかったものが窺えるような気がする。
生と死の観念、空を飛んで人を殺す右手と感情の乖離を丹念に描き、さらに人間関係の細かい説明を与えないことによる見事な表現。ミステリィとは違った土俵でもこれだけの作品を描ける、この作者のポテンシャルの大きさを再認識した(むしろミステリィよりもこちらの方がいいかもしれない)。

スポンサーサイト

  1. 2005/12/14(水) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/333-03d1d20f

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。