スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

ぱすも

http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/news/sub_n_20051221a.html
パスネット愛好家にとっては重要なニュースです。

関東圏私鉄22社局対応のプリペイド式磁気カード「パスネット」とバス共通カードが一つになり、さらにJRのICカード「SUICA」との相互利用も可能になるという、非常に便利なものです。

ただ、個人的な意見としては。

まず、SUICAの最も不便な点は、残額表示が無いことであり、スッカラカンの状態で改札を通ろうとして「バッチーン☆」となることがあります。改札ではじかれて改めてチャージしに行くということは、明らかに二度手間です。

もう一つとしては、パスネットのような使い捨ての磁気カードは、買うたびに新しい柄が楽しめて、コレクター心をくすぐります。そうでなくても、相鉄の可愛らしいイラストパスネットや人気マスコットのキャンペーン用の柄は非パスネットコレクターにも喜ばれています。ちなみに僕のSUICAはペンギンの絵すらありません。

関係ない話ですが横浜高速鉄道は意外に柄が多いようです。

長年利用して愛着も湧いたパスネットがなくなってしまうのは寂しいものです。パスモでもJRでいうモバイルSUICAのようにできるのでしょうかね?

まぁICカード対応の改札などの設備投資のために総額1500億ほど必要らしいです。東急みたいに金のありそうな鉄道会社はいいかもしれませんが、困窮するのは地方の路線でしょうね。

スポンサーサイト

  1. 2005/12/22(木) |
  2. 一万回目の旅のはじまり|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/337-bac00aba

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。