スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

長文

書くことも無いので、最近思ったことを少し書いてみたいと思います。





















卑屈な人ってどうですか?
いつも「俺はダメな人間だ~」とか言っている人。

自分自身が昔そうだった。自分のことを人間の底辺だと思ってた。最悪の人間だと思ってた。

もちろんそう思うだけの理由があった。いつも誰かを傷つけることを言ったり、場の空気を壊すようなことをしてしまったり。「人の気持ちが分からないの?」としょっちゅう言われた。その通りだ、と思うので、気をつけるようにしている。しかしそれでも言われる。

でも少し前から自分を悪く思うことをやめようと思った。決心した。人がどう思ったって、「自分は自分」でいいや、と思うことにした。

未だに「思いやりが無い」的なことを言ってくる人もいるけれど。
未だに「うるさい」とか言っている人がいるみたいだけど。しかも影で。

もう面倒くさい。自分はこれでも一生懸命頑張って生きているつもりだ。それでも人に迷惑かけてしまってる自分を見て、「馬鹿じゃねぇの?」とか思うわけ?

まぁいいや。もう何言われても気にもしないけれど、腹はやはり立ってしまう。しょうがないでしょ、人間だし。

話は変わるが、卑屈な時代の自分と接することを想像すると、ひどいものだ。「うるさい」なんかよりよっぽど嫌なものであっただろう。
例えば「俺はダメな人間だ」と誰かに言うとする。あるいはこのブログに書くとする。
僕の話を聞いた人は、心配して「そんなことないよ」と言ってくれるかもしれない。しかし、「いや、ダメなんだよ」と言い、そのダメっぷりを色々ぶちまける。

で、結局、解決策なんか見つかるはずも無い。

今考えるととても馬鹿馬鹿しいのだが、当時の自分は必死だった。人に相談しても、「オマエは俺がダメで無いと思っても、俺は俺がダメだと思うんだよ」と思っている時点でどうしようもないんですよねぇ。

多少複雑な話なんですが、「俺は優しくない」と思い込んだ人が、人の気持ちを色々考えたり、気を遣ったり努力して、そしていつかその人が「俺は優しく無い人間」というコンプレックスから解放される日って来るのでしょうか?来ないでしょ。「優しく無い人間じゃ無くなった」という価値基準が存在しないから。

テストでいい点を取ったとすれば、その明確な数値化された価値基準が存在するので、達成の度合いが極めて把握しやすいのだが、こういった内面的なものに対する評価はできないだろう。特に当人からすればなおさらだ。

しかし本当に今思うと馬鹿馬鹿しい。自分がどんな人間かなんてことを、自分で評価しようとしていること自体自意識過剰なのでは?と思う。自分がどんな人間で、優秀かどうかなんてどうでもいいし、まして他人が自分のことをどう思っているかなんて知ったこっちゃ無いだろう。ただその評価が理不尽で一方的なものだと腹が立つ。この文章の前の方で書いたことみたくね。その評価の対象が自分であっても他人であってもそれは同じこと。

未だに自分のことを「君はやさしい人だね」と評価する人は見たことが無い。多分。いや別にいいんだけどね。それが自分の特性だと思うし。でも卑屈だった当時、もしそう言われても信じなかっただろうね。もう「ダメだ」って思い込んでしまっていると何言われても考え方って変わらないんだよね。

他人にフォローされても考え変わらないのに、「努力しようとはしているけど出来ない」とか言いたいことだけ言ってしまうのは困りものですよね。それを聞かされている相手はどうすりゃいいんだ、っていう。ただ自分のことを気にかけて欲しいだけだったんでしょうか?まぁどんなに卑屈に思っても自由なんですが、結構苦しいものです。


ついでなので自分の色々なコンプレックスについて考えてみます。コンプレックスといってもそこまで卑屈なものでも無いですけど。

見た目コンプレックスはそこまで強い方ではないですが、少しあります。
背が高いのに、猫背なのは長所が短所になりますし。
服装も、結構拘っているつもりなのですが、その辺を評価してくれる方は少ないです。新しい服を買って着てみても、「高そうだね」とか言われると正直しんどい。最近、コレを言われるとがっかりします。良し悪しを言うならともかく、値段をコメントされてもねぇ・・・。どうでもいいじゃん、いくらで買おうが。
顔については、どうなんでしょうか。良い悪いというより、変なコメントが多いので何とも言えません。
体型も少し悩みです。お腹がね。昔は痩せすぎで悩んでいましたが、変なところが出るのも困りものです。大切なのは適切な量の筋肉だとは分かっているのですが・・・。
髪型が癖っ毛なのも困りますし、リップ塗っても唇がカサカサなのも困りますし、カラオケが下手糞なのも・・・。いろいろ挙げればキリがありませんが、見てくれでは無い部分で、自信のある感覚もあります。

いろいろ小さな悩み、大きな悩みもあります。大切な人の力になりたい、と思うこともあるし、誰かに力になって欲しい、と思うこともあります。飲み会とか遊んだりするときに呼んでもらえるのはもちろん凄く嬉しいし(社交辞令で「今度遊びましょう」とかいうのは結構嫌です。そういうこと言って誘ったら断る人とかいるし)、研究室でトランスファーするときに呼んでもらえることだって嬉しかったりします。実際あの作業は、風船をポンピングするのだって超疲れるし、装置に不具合を生じさせないように神経使うし、はたまた窒素運ぶのだって最近外は寒いし、クソ重いし、遠いし、いいことは全く無いのですが、それでも自分が組織に組み込まれていてそれに携われている、と思うだけで嬉しくなってしまうのです。

特に最近は幸せだ、と思うこともしばしばです。凄く自分に自信がもてなくて、凄く卑屈になっていたのに、そして卑屈になっているときに感じていた苦しみが、今は無いからです。卑屈に感じなくてもいいんだ、と思えるきっかけを与えてもらえたことは、本当に幸せなことなんだ、と思います。

なんでこういった恥ずかしい文章を書いているかというと、今、所謂徹夜明けなのです。ゲームを夜中までしていたら、寝るタイミングを失ってしまいました。午前中にゼミなので、寝たら簡単に起きられなさそうだ、と思ったので。色々考え事をしていたら、夜が明けてしまいました。これから支度をしようと思います。

こんな山も谷もオチもない長文をここまで読んでくださった方、ありがとうございます。これからも良ければ、波乱万丈なこの「じゅんの時刻表」を宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

  1. 2006/01/19(木) |
  2. 生きている証|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/353-06eb27b4

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。