スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

本の感想89

司馬遼太郎 「播磨灘物語」全四巻 講談社文庫
播州・姫路の土豪・黒田官兵衛孝高を主人公とした小説。

彼は、天下を取れるだけの策謀を持ちながら、その知性を利用して栄達せずとも、自らの好奇心を満たすことで満足し、天下取りの戦略を秀吉を盛り立てることにより描こうとした。

そして彼は秀吉の死後、関ケ原の一戦が起こる時、彼は「如水」と名乗り家督を息子に委ね九州に隠居していたものの、俄に天下取りの野望のために動き出す。

如水にとって九州、中国を攻略し、その手勢で京に旗を立てることなど造作も無いことだったが、天下分け目の一戦はわずか半日で終わってしまった。関ケ原が一年続いていたら天下はきっと彼のものになっていただろう。そして彼の最も凄いところは、そのチャンスが潰えたことが分かった瞬間、その野望を一瞬にして完全に手放してしまったところだ。彼にとって残念だったことは、天下を取れなかったことではなく、彼自身の素晴らしい手腕がそこで発揮できなかったことであろう。

彼に生臭い欲望はなく、ただ自分の能力、知恵を天下取りという舞台で発揮することに彼の興味の全てが注がれていた。彼は実利的なものを欲するのではなく、自身が描く「芸術」をただ表現しようとしただけに過ぎない。そのような生き様は、非常に憧れるものである。それだけの能力が無ければ、無理だけどね。

あとがきに、筆者は「友人にするなら、こういう男を持ちたい」とあるが、個人的には上司にも是非欲しいと思う。彼の元で働くなら、何一つ不安など持たなくて済むだろう。しかし、逆に部下には持ちたくは無い。きっと秀吉のように嫉妬してしまうだろうから。。。


司馬遼太郎の作品はこれまでいくつか読んできて、その中でも傑出した登場人物はたくさん出てきたが、最も魅力的な人物はこの黒田官兵衛を除いて他にいないのではないか、と思う。現在イチオシの作品である。

スポンサーサイト

  1. 2006/07/16(日) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(2)|

この記事に対するコメント

 ・

 ご存命であれば次期日本の総理に指名したいですね。

  1. クレヨン
  2. |
  3. 2006/07/18(火) 11:19:17 |
  4. URL

 ・

 >>クレヨンさん
今年の大河ドラマで黒田官兵衛を演じているのは斎藤洋介さんです。

  1. じゅん
  2. |
  3. 2006/07/18(火) 17:34:15 |
  4. URL

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/413-2ed9643f

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。