スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

本の感想16

重松清 「エイジ」 新潮文庫
少年犯罪が騒がれ、話題の渦中に生きる中学生たち。ニュースや評論家たちは彼らを偽善めいた陳腐な解釈により批判する。主人公は真剣に考え、悩み、今を生き抜こうとする。中学生時代っていいな、など考え、もうやり直しがきかないのだ、と思い非常に寂しい気持ちになった。中学時代というのは良くも悪くも青春真っ只中で、後になって考えてみればものすごい輝かしいものなのだ。たとえ自分の中学時代がどんなものであっても、それは自分にとってかけがえの無いものなのだな、と再認識した。

スポンサーサイト

  1. 2005/01/05(水) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(1)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/44-cb1a8379

▼【エイジ】 重松 清 (著)
ニュータウンでおこった相次ぐ通り魔事件、その犯人が中学生で、しかも自分のクラスメートだったら…。あなたならどんな心境になりますか?

  1. 2005/05/30(月) 18:31:19 |
  2. 評価チャンネル|お笑い/アイドル/映画/コミック/小説
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。