スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

本の感想17

三田誠広 「僕って何」 角川文庫
大学紛争の渦に巻き込まれ、自分自身を明確に確立できぬまま、他人の意見にその本質を見極めることなく翻弄される。
この主人公には非常に自分自身を投影することが出来る。周囲の意見に惑わされ続け、様々な派閥を転々とし続ける。他人の作ったカテゴリーに自らを所属させてしまう。これはまさに私自身の現状に他ならない。真剣に私自身とは何であるかを考えさせられた作品であった。

スポンサーサイト

  1. 2005/01/06(木) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(2)|

この記事に対するコメント

 ・Mの世界

 「僕って何」は芥川賞受賞作ですよね。
オレは高校の頃、三田誠広さんをよく読んでいました。デビュー作の「Mの世界」や「高校時代」にはとても共感した記憶があります。

  1. RIN3
  2. |
  3. 2005/02/05(土) 01:19:27 |
  4. URL

 ・

 「春のソナタ」は結構好きですよ~!この人の文章ってクセが無くて読みやすいです。
今度「Mの世界」「高校時代」読んでみますね!

新潮新書の「団塊老人」になぜか興味があるんですよね・・・^^;

  1. じゅん
  2. |
  3. 2005/02/05(土) 03:06:19 |
  4. URL

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/45-736ff124

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。