スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

本の感想18

恩田陸 「六番目の小夜子」 新潮文庫
青春物という観点からすれば、すがすがしくてとても良い作品だと思う。しかしミステリーとしては伏線を完全に生かしきれていないような気がした。頻繁に謎めいたものが登場するのに、それがすべて消化されていないような気がして、読後感があまりすっきりとしたものにならなかった。

スポンサーサイト

  1. 2005/01/08(土) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(1)|
  4. comments(1)|

この記事に対するコメント

 ・TB ありがとうございます。

 TB ありがとうございます。

  1. booksjp
  2. |
  3. 2005/05/15(日) 04:42:49 |
  4. URL

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/47-728b69a4

▼六番目の小夜子
津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友

  1. 2005/05/09(月) 20:39:41 |
  2. booksjp
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。