FC2ブログ

本の感想28

佐藤正午 「Y」 ハルキ文庫
知らなくてもいいことを知ってしまうということは悲劇を生む。
しかし知っていれば幸せになることも存在する。
目の前にあるものを信じるしかない。生きていく一つの術なのかも知れない。

ところで私は幸せの種を見落としてしまっているのではないだろうか。
いや、きっとこれから見つかるさ。
少しは前向きに考えないと、ツラいしね。

スポンサーサイト



  1. 2005/01/26(水) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/67-2d35e2c7

* Top *