スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

本の感想31

東野圭吾 「天空の蜂」 講談社文庫
爆薬を積んだ大型ヘリが何者かに奪われる。ヘリは自動操縦で原発の上でホバリングを開始。犯人は政府に全国のすべての原発を停止するよう要求。
原発問題にも常識程度に触れているが、特にメッセージめいたものはなく、作者は原発の肯定、否定どちらの立場もとっていない。そのようなものが排除されているので、事件の緊迫感を純粋に楽しむことが出来る。

スポンサーサイト

  1. 2005/02/03(木) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(1)|
  4. comments(0)|

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/75-f953e854

▼東野圭吾のことども
  ○ 『天空の蜂』◎◎ 『名探偵の掟』  △ 『秘密』 既読書評なしm(__)m◎◎ 『白夜行』  ○ 『嘘をもうひとつだけ』 既読書評なしm(__)m  △ 『片想い』 既読書評なし  ○ 『超・殺人事件』  ▲ 『レイクサイド』  ○ 『トキオ』  ◎ 『ゲームの名は

  1. 2005/02/03(木) 07:14:27 |
  2. 「本のことども」by聖月
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。