スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

本の感想32

村上龍 「走れ! タカハシ」 講談社文庫
元広島カープの高橋慶彦遊撃手を話の中心的役割に据えた短編集。タカハシの輝かしいプレイと対比させられた登場人物の情けなさが笑える。

スポンサーサイト

  1. 2005/02/04(金) |
  2. 本の感想!|
  3. trackbacks(0)|
  4. comments(4)|

この記事に対するコメント

 ・RYU3

 RYU3はスポーツ小説を結構書きますね。
RYU3の書くスポーツ小説にはいつも元気付けられます。
因みにオレはゴルフやらないのに「368Y Par4第2打」がスキっす。

  1. RIN3
  2. |
  3. 2005/02/05(土) 01:32:13 |
  4. URL

 ・

 実は、村上龍さん結構苦手なんです!「限りなく透明に~」を読んでちょっと受け入れられなかったものでして。この小説を読んだのも、結構昔なんですよ~。結構面白いのも多いって聞きますけどね。

  1. じゅん
  2. |
  3. 2005/02/05(土) 02:59:36 |
  4. URL

 ・おススメ

 「コインロッカーベイビーズ」と「愛と幻想のファシズム」は傑作ですよ。

  1. RIN3
  2. |
  3. 2005/02/05(土) 21:36:25 |
  4. URL

 ・

 おぉ~今度読んでみますね~!

  1. じゅん
  2. |
  3. 2005/02/05(土) 21:52:02 |
  4. URL

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceb.blog2.fc2.com/tb.php/78-711c6143

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。